2019.02.21

バイオマス発電所の建設工事が終了し、施工関係企業様・燃料供給企業様ご臨席のもと「火入れ式」を挙行しました。

トピックス

【神事式典】

【記念撮影】

【燃料ヤードと運転調整】

「火入れ式」には、㈱タクマ、㈱大本組JV、㈱NIPPO、㈱松岡設計、双日㈱、住友林業㈱、(有)歌港組様他にご臨席いただきました。SARAパワー発電所は、蒸気50㌧/時・電気10,000KWの能力を誇る最新鋭の木質バイオマス発電所です。

いよいよ3月から木質バイオマス燃料を投入、約一か月の負荷運転調整後、4月から商業運転を開始します。